すだれ


グリーンカーテンよりも手軽に使える日差し避けとして人気の高い、よしずとすだれ。
「よしず」も「すだれ」も言葉として知らない人は、いないのではないでしょうか?


でも、よしずとすだれって同じものを指すのか?それとも違うものを指すのか?
それぞれの形状について、明確な違いが分からないという人も、
多いのではないでしょうか?


Sponsored Links



真夏の暑い日光を遮って風を通すよしずとすだれの違いとは?


どちらも、真夏のギラギラとした日光が窓を通して家に入るのを防ぐ役割、
それでいて、風は通すという、夏には欠かせないエコアイテムです。


よしずとすだれ、この2つの大きな違いの1つは、”材料”です。


まず、よしずとすだれを漢字にしてみましょう。
それぞれ、葦簀(よしず)、簾(すだれ)と書きます。


葦簀(よしず)には、葦(よし、あし)という文字が使われているように、
葦の茎が材料に用いられています。



簾(すだれ)は、たけかんむりが使われているように、竹が材料になります。
細く割った竹を使って作られたものが、すだれです。



よしずにも、「簀」が使われていますが、「簀」という漢字は、
”植物の茎を糸で編んだもの”という意味で使われている漢字ですので、
よしずは、葦の茎で編んだものという意味があるんですね。


このように、すだれとよしずは、全くの別物で、材料から異なるものになります。


そして、実はその形状も異なり、使い方そのものも全く異なります。


すだれというのは、カーテンのように吊るして使用するものになりますが、
よしずは、窓や壁に対して、立てかけるようにして使用するものになります。



また、それに伴い、葦と竹の向きも違います。
地面に対して縦方向になっているのが、よしず。
地面に対して平行になっているのが、すだれになります。



Sponsored Links



涼しいのは、どっち?


日射遮蔽能力に優れているのは、よしずです。
建物や窓に近く使えることや、使用できる面積が広いことから、すだれよりも、
涼しく使えると言われています。


また、水をかけて使用すると、さらに温度を下げることができます。


ただし、場所をとるのは、よしずであり、ある程度のスペースがない場合、
設置するのも困難である可能性もあります。


設置そのものは立てかけるだけなので簡単ではあるのですが、
重さもありますし、女性一人ともなると、ちょっと、大変かも知れませんね。


グリーンカーテンと比べると、どっちが涼しい?


ゴーヤなどの植物で作るグリーンカーテンの方が、涼しい!と
感じる方が多いようです。ただし、作る手間もありますので、向き不向きはあります。


緑のカーテン(グリーンカーテン)はゴーヤ以外でも作れます!


よしずや、すだれは、風に吹き飛ばされるリスクがあるなど、自身はもちろん、
近隣の方にご迷惑をお掛けしてしまうことも考えられるため、
グリーンカーテンの方が安心して使えるとの声もあります。


夏の日差しを遮り、室内温度を下げる効率の良い使い分けの方法


よしずと、すだれを比べると、よしずの方が、涼しいことが分かりました。
でも、すだれと組み合わせて使い分けすることによって、
さらに室温を下げることができます!


その使い分けの方法とは、
大きな窓によしずを使用する、小さい窓にすだれを使用する方法、そして、
部屋の中でもすだれを使用する方法になります。



リビングなどの大きな窓には、やっぱり、よしずが一番効果的だと言えます。
でも、家の中ですと、地面近くまである大きな窓ばかりではありませんよね?


そこで、すだれを使用します。
リビングの小窓や、部屋の出窓など、そういった小さい窓に、すだれを使います。
サイズもいろいろなものがあるので、合うものを探してください。


さらに、すだれやよしずは、屋外で使用するのが一般的ではありますが、
よしずを室内で使用すると、さらに、室温を下げることができるんだそうです。


外から見て、よしず(屋外)、網戸、すだれ(屋内)という感じにすると、
暑い夏もエアコンいらず?というくらい、涼しく過ごすことができますよ!