子供の運動会の季節(春は5~6月の梅雨前あたり・秋は9月~10月)は、
結婚式の多い時期と被ります。運動会にしろ、結婚式にしろ、
天候の良い時期を狙うので、こればかりは仕方がありません。


また、どちらの予定も、自身で日程を決められるものではありませんので、
かぶってしまうこともあるかと思います。


でも、実際のところ、子供の運動会と、結婚式のお呼ばれがかぶったら、
どうしたら良いのでしょうか?常識、良識、マナーを調べてみました。


結婚式

■子供の運動会と結婚式のお呼ばれの日程がかぶってしまった場合


子供の運動会は1回きりではありませんが、結婚式の場合は、
1回きりのものです。
(もちろん、そうでない場合もありますが…。)


大切な我が子の運動会とは言え、結婚式に出席するのがマナーとしては、
正しいと言えます。
また、その間柄にもよるとは思いますが、
大抵は式に呼ばれるくらいの仲なのですから、結婚式に行くというのが、
常識的に考えて、正しいと言われます。


式場の距離などにもよりますが、披露宴のみ出席して、運動会に戻る、
などといった選択肢もあります。

間柄にもよりますが、日中は運動会に参加して、競技が終わり次第、
結婚式に参列する、二次会から参列するというのも、おすすめです。


ただし、子供は、お母さん・お父さんに見てもらいたい気持ちが当然あります。


お母さんだけ結婚式に行く場合、お父さんだけ結婚式に行く場合、
両親ともに結婚式に呼ばれているものの、祖父母が見に行ってくれる場合は
良いと思いますが、誰もお子さんを見てあげないというのも、可哀想です。


また、お昼の時間のことも考えなくてはいけません。
お弁当を一人で食べることになったりするのは、可哀想ですから、
誰も見てもらえない場合は、運動会を優先しても良いかなと、
個人的には思います。


でも、あくまでも子供が一人になってしまう場合の時だけかな、と思います。


優先すべきは、結婚式かな~と思います。
お子さんにはきちんと説明して、謝って、分かってもらいましょう。
お母さんまたはお父さん、祖父母が運動会を見ててくれるのであれば、
ビデオなどを撮ってもらい、あとで一緒に見返してあげると良いと思います。



■どちらを優先する場合も注意しておきたいこと


正直なところ、1回きりしかない、結婚式を優先するのが一般的であり、
常識かな?と書かせていただきましたが、正解は、ありません。
個人的には、結婚式が優先だというくらいしか、言えません。


インターネットでいろいろな意見を見てみると、小学校最後の運動会だから…、
子供が可哀想だから…と、子供の目線になって、
運動会を選び、結婚式を欠席されるお母さん、お父さんもいます。
これが間違いか?と言われると、そうではないと思いますし、
どちらを優先しても、問題は出てきますね。


こういった2つの大切な行事・用事が重なってしまった時は、
本当、どちらを選べば良いか、難しいですね。
子供の運動会を優先するにしろ、結婚式を優先するにしろ、しっかりと、
アフターフォローが必要だと思います。



特に、お子さんのフォローはたくさんしてあげてくださいね。
きっと、お母さんお父さんに見てもらいたいと思っていたはずですから。


また、子供の運動会と、結婚式が重なってしまった方の多くは、
当日の雨を願っています。
結婚式が雨というのも、なんだか…ではありますが、
運動会は雨天の場合、次の日や、次の週などに延期されます。


結婚式は雨天決行ですから、雨でない限り、両方出席する、
というのが難しいわけです。


当日は、雨が降ることを祈ってください…。
そうすれば、誰も悲しまずに、運動会も、結婚式も出席出来ますからね。
天気頼みにはなってしまいますが、この問題、祈るしかなさそうです。