kami


黒染めスプレーは、別名「テンポラリーヘアカラー」と呼ばれています。
ヘアカラーなどの毛髪着色料の中でも”一時染毛料”に分類され、
髪の毛を”一時的”に染めることのできるものです。


ヘアマスカラや、ヘアカラースプレー(ピンクや紫、赤、青などに染めれます)、
ヘアファンデーションなども、同じ一時染毛料の仲間です。


黒染めスプレーは、その中でも、テクスチャーが「スプレータイプ」であり、
(エアゾールとも言います)染めた髪の毛を、一時的に”黒”に染めるもので、
学業、仕事、冠婚葬祭などのシーンで良く用いられます。


Sponsored Links



黒染めスプレーが便利な理由とは?


塗布するだけで、簡単に染めた髪を黒くできるのは、やっぱりメリットです。
TPOに合わせた髪型、服装ってとても大切なことだと思いますので、
こういったものがあるのは、凄く便利だな、と感じます。


シャンプーをすれば、一度で簡単に洗い流すことができますので、
頭髪検査や、お通夜、お葬式など、”その日だけ黒染めしたい”って時に便利です。


黒染めスプレーとは、着色剤が毛髪の表面につくことで染めれるもので、
言わば、コーティングのようなものです。髪の毛の内部には入らないので、
髪の毛へのダメージも少なく、良くあるヘアカラーでの肌荒れもありません。
頭皮に付かず、”髪の毛”だけで完結できるのが良いですね。


黒染めスプレーのやり方・コツはこちらで紹介しています。
簡単ではあるのですが、キレイに仕上げるコツを掲載しておりますので、
お時間がありましたら、ぜひ、読んでみてくださいね。


Sponsored Links


黒染めスプレーが雨や汗で落ちてしまう…どうすればいい?


先ほど、黒染めスプレーは一時染毛料であり、シャンプーで簡単に落とせる、
と紹介させていただいた通り、水やお湯で簡単に落とせてしまいます。
この手軽さがとても便利ではあるのですが、必然的に、雨や、汗に弱いです。


私も、高校時代は特に…黒染めスプレーのお世話になってましたが、
制服のカラー部分に色が落ちたりと、失敗も何度かしましたね(汗)
やっぱり、一時染毛料なので、汗や雨には負けてしまいます。


が、ちょっとの汗や、雨で落ちるものでもありませんので、なるべく、
濡らさないことが第一ポイントです。ちょっと体育で運動したとしても、
ダラダラ流れ出るように汗をかくわけじゃないのであれば、大丈夫です。


雨も、土砂降りというわけでなければ、傘で十分対応できますよ。
小雨程度ならば、当たっても問題ないくらいです。


襟足や、毛先は必然的に衣服や肌につきやすい場所でもあるので、
そういったところだけ、こまめにチェックしておいたら、より安心です。
よほどの雨の日でしたら、使用は避けたほうが無難ですね。


ワックスや、ハードスプレーの使用は?


冠婚葬祭などの場面では、髪の毛をセットしつつ、黒染めしたい時もあります。
こういった場合は、まず、いつも通りの方法でセットを済ませてしまいます。


ワックスも、何も付けていない、黒染めスプレー前に馴染ませてください。
ハードスプレーについては、つけなくても大丈夫です。



まずは、ワックスなどを使い、髪の毛をセットしてそれから、黒染めスプレーです。
黒染めスプレーは、パリパリに固まりやすいことでも知られていますので、
ハードスプレーの代わりにもなります。



黒染めスプレーをするのであれば、ハードスプレーは軽くてOKだと思います。
ワックス→黒染めスプレーをして、それでも落ちてきてしまう部分や、
気になるところがあれば、その部分だけハードスプレーをすれば良いですよ。
ぜひ、参考にしてみてください。