ku-chan


日本において、年に複数回大きな「宝くじ」があり、CMもされています。
12月の目玉は、やっぱり”年末ジャンボ宝くじ”ですよね。


平成27年(2015年)今年の一等の当選金額は、700,000,000円。
う~ん、いち、じゅう、と数えないと分からないくらいの0の多さ。
『7億円』です。前後賞が、150,000,000円(1億5000万円)ですので、
一等と前後賞が当たると…なんと…『10億円』


本当、夢のような金額ですが、実際に当たるわけです。それが、宝くじ。
なんとも、凄いくじなわけですが…まあ、100万当たったという人だって、
なかなか聞かないのが、当たり前ですよね。


一枚=300円。100枚買えば、30,000円ですから、結構な額になります。
何としてでも、当てたい!!そんなあなたのために、今日は、
宝くじの当たりやすい買い方について、紹介したいと思います。


Sponsored Links



宝くじの期待値は?バラと連番、どっちが当たりやすいの?


宝くじを一回買ったことがある人は分かると思いますが…
宝くじは、大きく分けると、「バラ」「連番」という買い方があります。


どちらを買っても、一等が当たる期待値としては、変わりません。


が、バラで買った場合、一等が当たっても、前後賞が当たらないことが大半。
連番の場合は、一等が当たれば、前後賞が当たる可能性が非常に高いです。



ただ、当選番号を見てしまうと…。
う~ん、連番の方がすぐに”ハズレ”が分かってしまいますからね><
あまり枚数買わないのであれば、楽しめないかも知れません。


私は、一枚一枚、ドキドキしながら見るタイプなので、絶対にバラ派です。


一つの買い方として、「特バラ」という方法をおすすめさせていただきます。


・バラ派のあなたにおすすめ?特バラならば、期待値も高め?


特バラと聞くと、まるでお肉のように聞こえますが(笑)
宝くじの買い方の1つです。


特バラは100枚単位で購入できる方法ですので、300円×100枚で、3万円。
普通のバラと何が違うのかというと、下2桁の数字が、00番~99番まで、
全てあるのが、特バラです。



Sponsored Links



つまり、普通のバラでの最低当選額は、3000円に対して300円ですが、
下2桁の当選(3,000円)が必ず当たるようになっているので、
特バラは、30,000円に対して、6,000円は最低当たる計算になります。
(下2桁1本3,000円+下1桁10本300円)


つまり、バラを適当に10個買うよりも、期待値が高いんですね~
30,000円という額も、まあ、高いのは高いのですが出せる額なので、
期待値を求め、当たりやすさを考慮するなら、3万円特バラがおすすめなんです。


宝くじで当たるのは難しい??


宝くじは、競馬、競輪、パチンコなど、他の公営ギャンブルと比べても、
払い戻し率は非常に低く、収益の半分以上は、国のものとなります。


良くパチンコなどの公営ギャンブルをやるのは、ちょっと…。
宝くじは別に良いんじゃない?という考えの人が居ますが、
宝くじの方がよほど、ギャンブル性の高いものになっています。


その分当たった時の金額は大きく、夢があります。
ここが、宝くじのメリット。一枚300円から買える手軽さも手伝って、
人気があります。


宝くじの”当たり”というのは、10万円以上の当選額のことを
言うことが多いので、そういう見方をすれば、決して当たりやすいものではありません。


でも、1日にして億万長者になれる可能性のあるものです。


節度を持って楽しむのが一番ですが、リスクも少なく、でも期待値、
当たりやすさを考えるなら、私は、「特バラ」が一番良いと思います。

もし、これを見て当たった方がいましたら、ぜひ、報告してくださいね☆