hikkosi


もうすぐ、春になります。
春は、生活環境を変え、新境地で新生活のスタートを切る方も多いと思います。
今日は、引越し時の挨拶回りに喜ばれる粗品を紹介します。


Sponsored Links



引越し回りの挨拶は本当に必要?


一軒家へのお引越しならともかく、アパートや、マッションの引越しの場合、
周囲に挨拶する必要なんてあるの?と思う人も増えているそうです。


直接的にお世話になることは少ないかも知れませんが、
出入り、ゴミ出し等で頻繁に顔を合わせる方もいるでしょうし、
「生活音」などの見えないもので、お世話になることもあります。


近所付き合いは、昔と比べて減ってきていますが、
近隣トラブルを避けるためにも、引越し時すぐの挨拶が理想です。


ちなみに、先日友人がアパートに引っ越すことになり、手伝いをしたのですが、
不動屋さんにも、「挨拶回りをお願いします」と、一言あったそうです。
若い世代の人ですと、こう声がけでもしないと、やらない人が増えたのかも知れません。


個人的には近くに住んだ人が挨拶に来なくても何も思わない方ですが、
どんな人が住んでいるのか分からないのは、ちょっと怖いものです。
面倒な気持ちも分かりますが、挨拶回りはその日の内に行い、
自分の名前と顔、性別くらいは知ってもらいましょう。


挨拶回りの粗品の相場は?


挨拶回りの時に贈る粗品の相場は、500円~1,000円くらいのものです。
何軒の家にお配りするかにもよりますが、そんなにコストのかけなくて良いので、
引越しの際は、絶対に挨拶回りを行ってください。


引越しの粗品は、「お返しが不要」となる贈り物ですので、
安いもので十分です。逆に、3,000~5,000円のくらいの贈り物を贈ると、
それはもう、粗品の範囲を越えるので、貰った側も困ってしまいます。


500円~1,000円くらいの相場を目安に商品を選んで行きましょう。


Sponsored Links



喜ばれる粗品は何?


折角の贈り物ですので、やっぱり、人に喜ばれるものを渡したいですよね。
一番一般的なのは、「タオル」です。なんだかんだで、タオルは使います。
ハンドタオルも、フェイスタオルも家で確実に使用するものですし、
いらなければ、雑巾にすることもできるので、貰って困らない粗品です。


でも、定番がゆえ、タオルは…と思う人も居るようですね。


他には、サランラップ、その地域で使える指定のゴミ袋、ジップロック、
ティッシュ、洗剤、石鹸、スポンジなど、キッチン用品が多く並びます。
タオル同様、家庭で使いやすいものが選ばれる傾向にあります。


調べてみると、クオカードを粗品にしたという人も居るようです。
私は、この中では一番、クオカードが嬉しいです(笑)
コンビニで使えるので、誰が貰っても嬉しい贈り物だと思います。
ただ、「引越しの挨拶の粗品」を考えると、賛否両論あるようです。


比較的若い世代の人の多いアパートや、マンションなどへの引っ越しならば、
クオカードが一番喜ばれるのではないかと思います。


尚、お菓子や乾麺などの食品類も粗品に向いていますが、
あまり日持ちのしないもの(スイーツなど)は辞めましょう。
引越し当日にご挨拶できない可能性もあるので、食品類にする場合は、
賞味期限に余裕があるものがいいですね。



準備した粗品はのし付きで


粗品には、必ず「のし」を付けます。


引越し先への挨拶回りでしたら、のしは、「御挨拶」とするのが一般的で、
引越し前の挨拶回りでしたら、「粗品」、「御礼」とします。


水引は、紅白の蝶々結びになっているもので、自分の苗字を書きます。
挨拶では、自分の名前を覚えてもらうことも目的の一つとなっているので、
必ず、名前を明記してください。


挨拶回りは、そんなに時間をかけるものでもありません。
近隣の方も、お忙しいと思いますので、引越ししてきた趣旨や、自分の家の場所、
簡単な自己紹介をして終えます。
多くの方は、忙しいながらも、「よろしくお願いします」と挨拶してくれるので、
これから”ご近所さん”となる方に、しっかりと挨拶をしてきてください。