numberplate


車に付いているナンバープレート。皆さん、こう呼んでいますが、
正式名称は「自動車登録番号標」といい、自動車を識別するための標識板です。


ナンバープレートは、そのものの色、地名、番号、同じものは1つとしてないので、
そういったところから、1台1台を識別しています。
今日は、ナンバープレートに書かれた番号等の情報の意味について、
詳しく紹介していきたいと思います。


Sponsored Links



ナンバープレートに書かれている5個の情報


上記の画像からも分かるように、ナンバープレートには5項目の識別要素があります。
一つ一つ順番に説明させていただきますね。


ナンバープレートの色で何が分かる?


良く見るのは、白地に緑の文字、そして、黄色地に黒文字の車です。
一般的に走っているのはこの2つ。この2つの色の違いは、
何となく分かるのではないでしょうか?


白地に緑文字=自家用自動車または商用車
黄色地に黒文字=自家用軽自動車または軽商用車



緑地に白文字=営業用車で、良く見るのはタクシーですね。
運送用のトラックや、観光バス、霊柩車などの車も緑地に白文字です。
人を乗せることや、荷物を乗せて運ぶことを”仕事”とする車には、
この通称、緑ナンバーがつきます。


上記に書いた「商用車」というのは、簡単に言うと働く車です。
救急車、消防車や、工事現場で工事をするために用いられるものなどが
白地に緑文字、黄色地に黒文字の商用車扱いになります。



工事現場のトラックは、白ナンバー、緑ナンバーのトラック、どちらもあります。
自社で使う車なのか、下請け業者なのか、で変わるそうです。


極々稀ですが、青ナンバーというのも、存在します。
白地に青文字、青文字に白地、どちらもあり、外交官が乗る車だったりします。
見かけたら、ラッキーです(笑)


・管轄運輸支局、自動車検査場を地名で表す


地名部分は、管轄運輸支局、自動車検査場を地名で表したもので、
最近では、ご当地ナンバーが追加され、地名の種類も増えました。


人気のご当地ナンバーと言えば、「富士山」ですよね。
37-76の希望ナンバーにしている人も多いようですよ。


Sponsored Links



・地名の横の2~3桁の数字は何?


これは、車の分類分けができる番号になります。
1998年までは2桁でしたが、今は軽自動車も含め、3桁が主流です。


300番台は普通乗用車、500番台は小型乗用車になります。
軽自動車の場合は、5から始まるもの、7から始まるものが乗用車で、
4、6から始まるものは貨物とされています。


たまに800番台の車を見ますが、これは、キャンピングカー等が含まれます。


・一文字のひらがなは何?


自家用車、事業用車、レンタカーなどを区分するひらがなになります。


自家用車には、普通車の場合「さ~ろ」までのひらがな、
軽自動車の場合は、「あ~ろ」までのひらがなが使われています。
ただし、一部使われないひらがなもあります。


まず、覚えておきたいのは、どこにも存在しない「お、し、へ、ん」のひらがな。
「お」は、パッと見た時に「あ」や「む」と間違いやすいことから、
「し」は、「死」を連想することから、「へ」は、屁を連想することから、
そして「ん」は、言い難いひらがなのため、何にも使われていません。


普通車の場合は、事業用が「あ~こ」と「を」が割り振られ、
レンタカーは、「わ」と「れ」が使われます。


軽自動車の場合は、事業用が「り」と「れ」レンタカーが「わ」です。


使われていない文字があるというのは聞いたことがありましたが、
理由は意外と単純なものでした。


・ナンバープレートの数字


12-34などの数字は、希望によって好きなナンバーを選べますが、
基本的には、指定されたものを使用するということになります。
希望ナンバーは別途料金(約5,000円)がかかります。


意外と、駐車場等で自分の車のナンバーを見つけたり、
尋ねられたりすることがあるので、希望ナンバーで分かりやすい番号に
するのはアリだと思います。私自身も、希望のナンバーにしています。



人気のもの(ゾロ目など)は抽選になります。


ナンバープレート(自動車登録番号標)って奥深いですよね…
一枚のプレートで、本当いろいろな情報が分かってしまうわけです。
注意深くナンバーを見てみると、「あ、レンタカーだ」とか分かって、
ちょっとおもしろいですよ。