mask


マスクを着用してメガネをすると、メガネが自分の息で良く曇ります。
一瞬で真っ白になるので、本当、マスクするのがイヤになるくらい。
視力が悪い人にとっては、マスク以上にメガネが必需品ですからね…。


私は視力が悪く、最近測定した視力検査では、一番上が見えないくらい…。
メガネ、コンタクトレンズは毎日使用するもので、手放せません。
マスクは、花粉症対策、喉の乾燥対策、風邪の予防として使っていますが、
どちらかと言えば、マスクよりも目が見えないことの方がヤバイのです。


でも、花粉症の季節や、インフルエンザ、風邪が流行する冬などは、
やっぱり、予防としてマスクを着用したいものですよね。
何とか上手く、メガネが曇らない方法はないのでしょうか?


Sponsored Links



メガネが曇らないマスクの着用方法


まず、マスクにもいろいろ種類・タイプがあるのですが、
私は、「ノーズブリッジタイプ」のマスクを購入するようにしています。


ノーズブリッジというのは、マスクのちょうど、鼻の上の方に当たる部分で、
針金のように、自分の鼻に合わせて曲げることができるタイプのマスク。


メガネが曇ってしまうのは、この鼻と頬の高さの違いから隙間が生まれ、
呼吸がもれることが原因ですので、このノーズブリッジタイプで、
隙間をしっかりと埋めてあげるようにすると、曇りにくくなります。



ノーズブリッジタイプでも曇る


確かに、ノーズブリッジ付きのマスクとノーズブリッジなしのマスクの
2つを着け比べると、圧倒的にノーズブリッジタイプの方が曇りにくいです。


でも、しっかり隙間を埋めるように曲げても、正直まだ、メガネは曇ります…。
本当、寒いところから急に暖かいところに入ったかのような曇りになります。


ということで、コレだけじゃ、ちょっと曇らないとは言い難いですね。


隙間をとにかく埋める


この鼻と頬の隙間さえなければ、息がもれず、曇ることがないので、
とにかく、この隙間を埋めることを意識して考えて行きたいと思います。


まず、私がドラッグストアで見つけたこの商品を紹介します。



「何度もくっつくノーズパッド」は、この鼻の部分に付けるパッドで、
何度も付け外しができます。マジックテープまでは行きませんが、
そんな感じで、簡単に付け外しができます。


頬骨のあたりまでしっかりとフィットするので、マスクに隙間ができにくく、
確実にメガネを曇りにくくすることができます。



また、このノーズパッドが元から付いているマスクも販売しています。


・他にもあるメガネが曇らない方法


ネットでは、ノーズブリッジのある部分を一折りしてから使用する方法や、
ノーズパッドの変わりに折りたたんだティッシュを挟む方法などが
紹介されていました。


実際に、こちらの方法も試してみたのですが、個人的には、
ノーズパッドを使用する方がコストは少々かかるものの、快適かな~。
ティッシュはズレる感じと、こすれる感じがイマイチでした…。


メガネの曇り止め


メガネがマスクの着用で曇ってしまうのは、吐いた息によって、
急激な温度差が生まれ、レンズの表面に水滴がつき、光が乱反射するからです。


それを防ぐために、メガネ用の曇り止めが販売されています。


私は以前、水泳をやっていて、ゴーグル用の曇り止めを使用してたのですが、
曇り止めがあるのとないのでは、曇り方に差が出ます。
競技にも影響が出るものなので、曇り止めは必須でした。


メガネも同じように、曇り止めを塗って使用するのが良いですね。
形状はジェルタイプのものがほとんどで、少量を薄く伸ばすようにすると、
見た目では分かりませんが、曇り止めがちゃんとつきます。


マスクから息がもれた時も、曇りにくくなるので、とてもおすすめです。


ノーズブリッジ付きのマスクに、ノーズパッドをつけて、
曇り止めをつけたメガネをかければ、花粉症の時期もバッチリですね。