kokugo


先日会話の中で、良し悪し(よしあし)を良し悪し(よしわるし)と
言っていた人がいました。言葉のニュアンスとしては分からなくもないですが、
やっぱり、良い大人が良し悪し(よしあし)を知らないのは違和感があります。


でも、良し悪し(よしわるし)という言葉もちゃんとあるみたいなのです。
ただの、読み間違えというわけではありません。


日本語って本当に難しいです。
英語を話すことのできない私にとって、英語はとても難しいものに思えますが、
バイリンガル以上の方からすると、日本語の習得ってかなり難しいようですね。
大人である私たちが、上手く日本語を使えないケースがあるのも納得です。


Sponsored Links


良し悪しは、よしあし?よしわるし?



冒頭でも触れた通り、日本語としては、どちらも正しい日本語です。
良し悪し(よしあし)という言葉もありますし、良し悪し(よしわるし)
という言葉も存在します。


ただし、意味としては、それぞれ違った意味合いを持つ言葉ですので、
きちんと使い分けができないと、恥ずかしい大人になってしまいます。


良し悪し(よしあし)の意味



良し悪し(よしあし)は、その漢字の通り、善と悪を差す言葉です。
善し悪しと書いた方が、意味は分かりやすいかも知れません。


昔は、善い(よい)と悪し(あし)という言葉を使って、善悪を表現していました。
いわゆる「対義語」の関係にあります。


しかし、現代の言葉では、善いの対義語は、悪い(わるい)という読みです。
これが、良し悪し(よしわるし)と読ませるネックな部分になっています。


「善悪」としてハッキリいいこと、ダメなことがわかっている時には、
この良し悪し(よしあし)を使うのが正しい日本語です。



例)いいことと悪いことの区別もつかないの??
こんなニュアンスの時には、良し悪し(よしあし)を使って
例)物事の良し悪し(よしあし)も分からないの?
となります。


良し悪し(よしわるし)の意味


では、良し悪し(よしわるし)はどうでしょうか?


昔は、この言葉は、「よろし」と「わろし」の対義語の関係にありました。
「よい」「わるい」の関係は、善悪がハッキリしているものと紹介しましたが、
「よろし」と「わろし」は、もう少し、曖昧な表現をする時に使います。


例)いい考えだと思うけど、デメリットもあるよね
こんなニュアンスの時には、良し悪し(よしわるし)を使って
例)その考えは、良し悪し(よしわるし)だと思うよ


こんな風に使うのが一般的です。


Sponsored Links


使い分けるには?



良し悪し(よしあし)を良し悪し(よしわるし)とすると、
言葉のニュアンスが大きく変わってしまうこともありますが、
その逆であれば、とくに大きく意味が変わることはなく伝わりやすいと思うので、
良し悪し(よしわるし)を使わない、というのも、方法の一つです。


歴史を遡ると、比較的最近できた表現が良し悪し(よしわるし)の方のようですが、
現代の人からみて、否定的な意見も多く、良し悪し(よしあし)が正しい、
という意見の方がほとんどと言っても過言ではありません。



厳密に言えば、違いはあるように感じますが、使い分けするほどでもないので、
良し悪し(よしあし)として、自分の中で定着させてしまうのが一番だと思います。


重複(ちょうふく)と重複(じゅうふく)の関係性に少し似てますね。


本当に日本語は難しく、私も読めない漢字や意味の分からない言葉が多々ありますが
大人として、あまり恥ずかしい思いはしたくないという気持ちがあるので、
こういった「曖昧なところ」は、どんどん調べてクリアにしていきたいなぁと
個人的には思っています。