雑学

6月だけ祝日がない理由とは?候補日はあります!

祝日

2016年より、6月は一年の中で唯一、祝日のない月になります。

8月も2015年現在は、祝日のない月になっていますが、
2016年より、8月11日が「山の日」として新しく祝日になるため、
6月だけが、唯一、祝日のない月になってしまうのです。

Sponsored Links

6月にも祝日はあるべき?1ヶ月くらい祝日がなくても良い?

私の個人的な意見としては、6月にも祝日があってほしいです。
しかし、祝日が増えることに否定的な意見も少なからず、あるんですね。

1つ目の理由としては、日本は祝日の日が他国に比べて多いため、です。

他の先進国に比べても、多いのです。
だからこそ、これ以上、祝日はいらないのではないか?とする声もあります。

ただ、日本の祝日は、「働かない日」ではありませんので、
国民の約半数は仕事に行く現実。
祝日が多いとは言え、日本人は働きすぎ!との見方もあります。

2つ目の理由としては、学力の低下が考えられるため、です。
6月に祝日を設けると、授業の日数が一日減ることになってしまいます。

「ゆとり世代」⇒「さとり世代」、これ以上の学力の低下は避けたい、
そういう考えから、祝日はいらないとする声もあります。

先ほど、8月11日が「山の日」となり、8月にも祝日ができる話もしましたが、
実は、「山の日」は最初、6月に候補が上がっていた祝日なんです。

でも、どうして8月の11日になったのか?と言うと、
この「学力低下問題」が大きく関わってきます。

学生は、8月中、夏休みになります。8月11日は平日であろうと、
祝日の「山の日」であろうと、学校には行かないのが普通なのです。

しかし、山の日が6月になると、授業日数が一日減ることになります。
山の日が8月11日になった理由はこれだけではありませんが、
これも要因の1つになっているのです。

6月に祝日が制定される日は来る?その候補日とは?

6月に祝日が制定される日は、”いつか”来るかも知れません。
日本の祝日は、確実に増えてきているので、祝日のない6月に、
新たに祝日を作る法案が出ても、何もおかしくはありません。

もし、これから先、政府が祝日を新たに設けることになるとすれば、
唯一、祝日のない「6月」が最有力候補になると思います。

が、6月はこれといって、日本の中で”記念する日”がないのもネックになっています。

Sponsored Links

一番の有力候補は、6月10日の時の記念日になります。
”時”が定められた記念日なので、国民の祝日にしても良い気がします。
今のところは、国民の祝日でもない、ただの記念日、知名度もそれ程高くはありません。

ですが、6月に祝日が設けられるとすれば、間違いなく候補には入ってきます。

また、日にちはいつになるか分かりませんが、「海の日」、「山の日」があるので、
6月には、「雨の日」があってもおかしくないのでは?とも思います。
梅雨の時期に祝日があると、個人的には凄く助かります。

調べてみると、”祝日がない記念日”なんて候補もあるようです。

6月に祝日がないため、2015年の場合、
5月6日の振替休日(5月3日の憲法記念日の振替)から、
7月20日の海の日(ハッピーマンデー)まで、祝日が空いてしまいます。

5月上旬~7月中旬なので、約一ヶ月半も空いてしまう祝日。
6月に祝日がないのは悲しいので、出来ることならば、
候補の中から1つ、6月にも祝日を作ってもらえたらな~と思います。