ヘアケア

黒染めスプレーのやり方【一人でもキレイに染められるコツ】

黒染めスプレーのコツ

黒染めスプレーは本当に便利です。
やり方とコツさえつかんでしまえば、誰でも簡単にキレイに染めることができます!

しかし、その一方で黒染めスプレーを”難しい”と感じている人も多いです。

・上手く出来ない
・バリバリに固まり、サラサラヘアーにならない
・一目でバレる
・キレイに染めるコツが分からない
・黒染めした髪の毛のセットが上手くいかない
・肌や洋服が汚れる

こういった”難しい”は、正しいやり方とコツをマスターすれば、解決します!

学生時代、バイトが入る度に黒染めスプレーを利用していた【黒染めスプレーマスター】が、やり方とコツについて詳しく紹介させていただきます。

あこあん
あこあん
はじめは私も、難しいと感じていた一人でした!
自毛のようなサラサラはキープしたいけど、バレないようにしたいという方におすすめです。

Sponsored Links

黒染めスプレーをはじめる前に

黒染めスプレー前

黒染めスプレーは、名前の通りスプレー状に出てくるものなので、暗くしたい部分にだけ吹き付ければ、簡単に明るい髪色を黒くすることができます。

ヘアカラーなどのように髪の毛の中側までしっかり塗布しなければならないなんてことはなく、髪の毛の見える表面全体を塗布すれば、見た目は暗い髪色に変化させることができます。

見えているところの”部分染め”って表現が近いです!

また、意外と事前準備がカギです。
キレイに染めるために、準備はしっかりと行っておくことをおすすめします♪

事前に準備しておくもの

黒染めスプレーをする前に準備しておいた方が良いものがいくつかあります。

黒染めスプレー
サランラップ
汚れても良い服
ヘアブラシとヘアコーム
油性クリーム

これらは、”キレイに染めるため”に必要なものリストです。
どれも、安価で揃うものばかりなので、準備しない手はありません!

三種の神器ならぬ、五種の神器です。
この5つのアイテムを使うと、キレイに染めることができますよ♪

黒染めスプレー

黒染めスプレーは、ドラッグストアなどで買うことができます。
小さいドラッグストアなどですと、置いてないお店もあるので、注意です。

ちなみに、うちの近くの小さいウエルシアには置いていなかったのですが、24時間のウエルシアにはありました。

マツキヨとかカワチとか大きいドラッグストアに行けば、確実に買えます。
ヘアカラーコーナーに箱ではなく、そのままスプレー缶で販売していますので良く見つけてみてください。

黒染めスプレーを売ってる場所については、下記の記事で詳しく紹介しているので、そちらも見ていただけるとうれしいです★

黒染めスプレーが売ってる場所はどこ?コンビニにある? 髪色を一日だけ黒く戻すことのできる「黒染めスプレー」 私も、学生時代は良く、黒染めスプレーのお世話になりました(笑) ...

ちなみに、ダイソーなどの100均にも置いてありますが、絶対におすすめしません。
安いのはとてもうれしいですが、ハッキリ言って”安かろう悪かろう”です。

1,000円以下で購入できるものなので、ドラッグストアで購入する場合は、パルティーやビューティーン、フレッシュライトがおすすめです。

お急ぎでなく、時間に余裕のある方は黒彩がおすすめです。

黒彩は実店舗のどこに売ってるのか分からなく、ドラッグストアにもないことがほとんどですが、口コミ評価も高く、黒染めスプレーの中では一番におすすめしています。

サランラップ

黒染めスプレーは肌につくと、なかなか落ちません。

キレイに染められたのに、首や耳にスプレー剤がついてしまっていては元も子もありません。
バレるのは時間の問題です。

首回りや耳を保護して、スプレー剤がつかないように守りましょう。

汚れても良い服

肌もそうですが、洋服についてしまったらもっと大変なことになります。
万が一汚れてしまっても問題のない”前開きの洋服”があると良いです。

私はヘアカラー用に一着、ジップアップパーカーを持っています。
ジップアップパーカーなんて言いましたが、正確に言うと、中学校のときのジャージです(笑)

下着の上にパーカーを羽織ってスプレーするのがベストです!
前開きのものでないと、脱ぐときにスプレー剤がついてしまうことがあるので注意してください。

ヘアブラシとヘアコーム

ヘアブラシとヘアコームは必須アイテムです。
黒染めスプレーでキレイに染めるコツの9割は、この2つにかかってます。

ヘアブラシはあるけれど、コームはない!という方もいるかと思います。
100均で買えるものなので、是非、購入しておいてください!

あこあん
あこあん
使用方法については、黒染めスプレーのやり方の項目で紹介します♪

油性クリーム

おでこやこめかみ、えりあしなど、スプレー剤が塗布してしまいそうな場所に油性クリームを塗っておきます。

スプレー剤は肌につくと落ちにくいので、サランラップと油性クリームのダブルで保護しましょう。

油性クリームは専用の保護クリームがあればベストですが、ワセリンなどの市販の油性クリームでも代用することができます。

わざわざ買うのは・・・という方は、ニベアなどのハンドクリームでも代用できます。
油性クリームをつけておけば、するっと簡単に落とせますよ。

Sponsored Links

黒染めスプレーとやり方とコツ

黒染めスプレーのコツ

では、黒染めスプレーのやり方とコツについて紹介していきます。
コツさえつかんでしまえば、自毛のような仕上がりになります。

髪の毛をキレイにする
塗布前の事前準備をする
黒染めスプレーを塗布

以上の3ステップのみ!
難しいことはありませんので、下記の通りに実践してみてください。

髪の毛をキレイにする

黒染めスプレーは直接髪の毛に塗布するものなので、髪の毛をキレイにしてからスプレーした方が仕上がりもキレイになります。

まずは、お風呂で髪の毛をキレイに洗いましょう。

ポイント

ドライヤーでしっかりと乾かすこと

黒染めスプレーはとても水に弱いので、ドライヤーでしっかりと中まで乾かします。
生乾きのままスプレーすると、途中でスプレー剤がにじんで落ちやすくなってしまうことがあります。

ドライヤーでしっかりと乾かしたあとは、ヘアブラシでキレイにとかします。
キレイにとかした髪の毛に塗布しないと、スプレー剤が固まりムラになって見栄えが悪くなってしまいます。

ポイント

髪の毛を結んでからスプレーすること

髪の毛が縛れる長さの方は、結んでからのスプレーがおすすめです。
ポニーテール、ツインテール、お団子ヘア、髪の毛のまとめ方は何でも大丈夫です。

おろしたまま黒染めスプレーしてしまうと、スプレー剤が固まり、そのあとで髪の毛を結ぶのはなかなか難しくなります。

また、おろしたままのヘアスタイルですと、毛先の揺れ具合や内側の髪の毛が見えやすくバレるリスクが高まります。

髪の毛を先に結んでしまえば、スプレーする範囲も狭くなるので時短にもなります♪

塗布前の事前準備をする

髪の毛のセットが完了したら、汚れてもいい洋服に着替えて、サランラップ、油性クリームを使って肌につかないよう保護していきます。

黒染めスプレーがつきやすい箇所は、

おでこ
こめかみ
うなじ
耳の後ろ

以上のところは念入りに保護しておくと良いです。

万が一ついてしまったときは、塗布中でもティッシュでオフしてください。

黒染めスプレーを塗布する

黒染めスプレーがバレる原因の第1位は、パリパリに固まることです。
黒染めスプレーはスプレーしたところからどんどん乾いて、パリパリに固まってしまいます。

また、黒く染めようと思うがばかり、塗布しすぎてるのも原因の1つです。
これらを防ぐために、ヘアコームを使用します。

スプレーはその性質上、どうしてもムラが出来やすくなってしまいます。

多くスプレー剤がついてしまう場所が出てくるので、少しずつ塗布して、ヘアコームでとかしてならしてあげる必要があります。

パリパリにならないためのコツ

スプレーを少しだけ吹きかける
乾く前に素早くヘアコームで何度か髪の毛をとかす

この繰り返しが、最大のコツです。

乾き切る前に素早く髪の毛をとかすと、スプレー剤が薄付きになり、自毛と変わらないソフトでやわらかな仕上がりになります。

また、ヘアコームは何度か通して、通りが良くなるまで行いましょう。
縛っている部分は少々やりにくいですが、軽くなでるようにコームを入れていくと良いです。

前髪の黒染めスプレーのやり方

前髪に黒染めスプレーをするときは、おでこにサランラップをして、その上から軽く吹きかけるのをおすすめします。

他の部分よりもさらにスプレー剤が薄付きになるようにしないと目立ってしまいますので、少量ずつ、すぐにヘアコームでとかしてサラサラになるようにしましょう。

Sponsored Links

まとめ

黒染めスプレーのやり方とコツは何となくつかんでいただけましたか?

上手に黒染めスプレーで染めるコツ

髪の毛はドライヤーでしっかりと乾かしておくこと
縛れる方は事前に髪の毛を結んでから行うこと
黒染めスプレーは少しずつ塗布、吹きかけすぎないこと
塗布した部分は乾かないうちにヘアコームでとかしてセットすること

以上のコツをつかめば、誰でも、限りなく自然に近い仕上がりになります。

黒染めスプレーの落とし方や、黒染めスプレーの雨汗対策、ワックスの使用に関する記事は、下記の記事をあわせてお読みいただけるとうれしいです◎

黒染めスプレーの落とし方
黒染めスプレーの落とし方は?落ちない時の対処法 どうしてもこの日1日だけは!という時に使える黒染めスプレー。 とても便利なものです。黒染めスプレーにはちょっとコツがいりま...
黒染めスプレーは雨や汗で落ちてしまう?ワックスの使用は? 黒染めスプレーは、別名「テンポラリーヘアカラー」と呼ばれています。 ヘアカラーなどの毛髪着色料の中でも”一時染毛料”に分類...

良く黒染めスプレーは痛むんじゃないの?と質問をいただきます。

黒染めスプレーの髪の毛へのダメージはゼロではありませんが、その1日のためにヘアカラーするほうがよほど傷みます。

思い切ってヘアカラーをしてしまうという手もありますが、やっぱり、1日だけ黒く染めたいというときには黒染めスプレーが非常に便利です。

就職活動
面接
冠婚葬祭
頭髪検査
登校日

いろいろなシーンで大活躍します。

是非、参考にしてみてください。

黒染めした髪の毛を早く色落ちさせる方法はある?自宅でセルフ黒染めしたときに、思いのほか、髪の毛が黒くなりすぎてしまった経験はありませんか? ・・・私は、あります! セルフ...