ゴールデンウィーク

2016年と2017年のゴールデンウィークは最大何連休?

may

大型連休を楽しみに日々、お仕事をされている人って多いと思います。
学校は、良くも悪くも”暦通り”ですので、ゴールデンウィークの大型連休は、
子供よりも、大人が楽しみにしている休日だと思います。

今日は、今年2016年のゴールデンウィークの日程について、また、
先取りして、2017年のゴールデンウィークの日程について、紹介します。
待ちに待った大型連休、最大何連休になるのでしょうか?

Sponsored Links

2016年のゴールデンウィークの日程

まずは、今年2016年のゴールデンウィークの日程ですが…

4月29日(金)昭和の日
4月30日(土)
5月1日(日)

5月2日(月)※平日

5月3日(火)憲法記念日
5月4日(水)みどりの日
5月5日(木)こどもの日

5月6日(金)※平日

5月7日(土)
5月8日(日)

となっています。

5月2日、5月6日がお休みの場合、最大10連休の超大型連休になります。
前もって、2日、6日に有給を取っている方も居るようなのですが、まあ…
多くの方は、この大型連休中に2日も休みを貰うのは難しいかも、ですね。

でも、5月2日、5月6日を仕事としても、
3連休→1日仕事→3連休→1日仕事→2連休となりますので、
今年はかなり優遇されたゴールデンウィークになるのではないでしょうか?

直前になると、宿泊先はどんどん埋まっていってしまいます。
ビジネスホテルでさえ、宿泊予約が取れなくなったりもしますので、
ゴールデンウィークのお出かけは、前もって予定を立ててくださいね☆

2017年のゴールデンウィークの日程

次に、来年度、2017年のゴールデンウィークの日程です。

4月29日(土)みどりの日
4月30日(日)

5月1日(月)※平日
5月2日(火)※平日

5月3日(水)憲法記念日
5月4日(木)みどりの日
5月5日(金)こどもの日

5月6日(土)
5月7日(日)

となっています。

Sponsored Links

平日である、5月1日、5月2日をお休みすることが出来たら、最大9連休!!
2016年の最大10連休を考えると、ちょっと物足りないですが(笑)
実質、3連休×2となる2016年よりも確実に、5連休は出来そうですね。

4月29日のみどりの日が、土曜日にあたるのですが…
この振替休日があったら、5月1日に振り替えになるのにな~残念。
振替休日にならない理由を、下記で簡単に紹介しておきます。

2017年4月29日(昭和の日)の振替休日がない理由とは?

4月29日は、昭和の日(元、みどりの日)で、祝日です。
早い人は、この昭和の日からゴールデンウィークに入るわけですが…
2017年は、この4月29日が土曜日になっています。

しかし、日曜日の後、5月1日(月曜日)は振替休日になりません。

これは、祝日法できちんと定められていて、残念なことに、
土曜日と祝日が重なった場合は、「振替休日にならない」という決まりがあります。
振替休日が適用されるのは、日曜日と祝日が重なった時だけなんです…。

なかなか上手いこと、連休にはさせてくれないのです(笑)

ちなみに、2017年は、この振替休日に恵まれない日程が多く…
4月29日の昭和の日だけではなく、2月11日の建国記念の日、
9月23日の秋分の日、12月23日の天皇誕生日までもが、土曜日にあたり、
振替休日ももらえません…。

加えて、次回のシルバーウィークも、2026年と先のまた先。
2017年は、祝日の恩恵の少ない一年になりそうです。

ちなみに、平均日本には休日が約122日あるのですが…
2017年は、上記の理由から休みが少なく、年間119日しか休みがありません。
あくまでも平均なので、仕方がないのですが…なんだか寂しいですよね。

2016年の休日は、平均を超える123日となっていますので、
今年の休日は、お出かけしたり、めいいっぱい楽しんでくださいね☆